【観光】熱海の姉妹協会、郡山・磐梯熱海温泉で「萩姫まつり」

熱海市観光協会が姉妹提携している磐梯熱海温泉(福島県郡山市)の「第48回萩姫まつり」が10日まで同温泉街で開かれ、9日にメーン行事「献湯祭」を行った。

実行委員長の菅野豊磐梯熱海温泉観光協会長のあいさつに続いて、ミス萩姫の3人が雅楽「越天楽」に合わせて厳かに「萩姫の舞」を披露。磐梯熱海温泉の繁栄と湯の恵みに感謝した。

「源泉くみ上げの儀」では源泉からくんだ湯を榊(さかき)につけ、参加者に振りまく「散湯の儀」、湯を各旅館に分け与える「分湯の儀」を行い、温泉への感謝の気持ちを表した。

まつりは2日間にわたって予定されていたが、台風11号の影響で悪天候が予想されることから、10日に予定していた全行事は中止となった。

◇山と海の熱海の交流
磐梯熱海温泉観光協会は1月28日、菅野会長をはじめ、一般市民など102人がお座敷列車で熱海を訪問。翌29日に熱海梅園でミス郡山などが観光PR。熱海市観光協会も4月23日、森田金清会長やミス熱海梅の女王、市民ら140人がお座敷列車「華」で磐梯熱海に出発。懇親会を開くなどして交流を深めた。両協会は1989年に姉妹提携、毎年「梅園梅まつり」で観光キャンペーンを開催。

姫

ミス郡山

磐梯熱海温泉観光協会が熱海で行ったキャンペーン(1月29日、熱海梅園)

DSC_8820SS2

岸引率

ようこそ詩子1熱海市観光協会が企画した「山の熱海・海の熱海高流の旅」(4月23日、磐梯熱海温泉のホテル)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-12

    晩秋の風物詩 熱海梅園に紅葉のじゅうたん、地面がオレンジや黄に染まる

    もみじまつりが閉幕した熱海梅園では、紅葉が最終章に入り、オレンジ色のモミジや黄のイチ…
  2. 2019-12-12

    熱海市、台風被害支援「宿泊クーポン」発行取りやめ 再検討で効果に疑問

    熱海市は12月12日、台風19号で断水などの被害を受けた市内ホテル旅館の誘客促進に発行するとしていた…
  3. 2019-12-12

    俳優・梅宮辰夫さん死去 81歳 長年にわたり、熱海のイベントに協力

    俳優の梅宮辰夫さんが12月12日午前7時40分、神奈川県内の病院で慢性じん不全のため亡くなった。真…
  4. 2019-12-11

    マリーズキッチンで「眺めの良いコンサート」 熱海にトランペットの音響く

    冬の熱海海上花火大会に合わせて12月8日、熱海市紅葉ヶ丘町の「マリーズキッチン&ライブスタ…
ページ上部へ戻る