【花】シグナル「レッド」、熱海梅園の”山法師”が「秋」の訪れを告げる

熱海梅園の澤田政廣記念美術館近くのヤマボウシ(山法師)の木がツブツブ入りキャンディーのような赤い実を付け、秋の訪れを告げている。3カ月前には十字の白い花(葉の変形した苞=ほう)が来場者を出迎え、夏の訪れを告げていたが、季節の移り変わりを示す信号の色が変わった。

同美術館では23(土)、24(日)の両日、夏休み子ども企画として「ナイトミュージアム」を開催。ガイドの案内のもと、館内の照明を消した真っ暗な展示室の中を懐中電灯の明かりだけで鑑賞し、ふだんとは違った彫刻作品の表情をうかがう。

 

DSC_8727ssp

8月15日のヤマボウシ(熱海梅園)

 

b1045月15日のヤマボウシ(熱海梅園)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-24

    丹那神社例祭、神事だけに規模縮小 “新型コロナ”で付帯行事中止

    熱海市の丹那神社奉賛会(田島秀雄会長)は4月5日に福道町の同神社で斎行する例祭を規模を縮小して斎行…
  2. 2020-2-24

    富士山の日 天皇即位で今年から祝日 十国峠で「早春ウォーク」

    天皇誕生日と重なり祝日となった「富士山の日」の2月23日、熱海市と函南町にまたがる十国峠で富士山に…
  3. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  4. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
ページ上部へ戻る