【観光】お盆の風物詩「百八体灯篭祭」 先祖の魂を弔い、灯ろう300個を流す

南熱海のお盆の風物詩「百八体流灯祭」の灯ろう流しが送り盆の16日、熱海市上多賀の長浜海水浴場をはじめ、下多賀・池田港、中野海岸の3カ所であった。長浜海水浴場では波打ち際からボートで浮き台付近まで沖出しされた灯ろうが海面をゆるやかに流れ、訪れた人たちは「亡くなった方がみな幸せになれますように」などと先祖の魂を弔ったり、「第二児ができますように」と願ったりして静かに手を合わせた。

灯ろう流しは多賀観光協会(富岡篤美会長)が毎年この日に実施しているもので、300個を手作りした。

DSC_8784ss (2)DSC_8809ssDSC_8793ssIMG_6303ss

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  2. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
  3. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  4. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
ページ上部へ戻る