【観光】日本最大級「3000mに270基のかがり火」で精霊送る 百八体流灯祭

お盆に迎えた精霊を送る「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が16日午後8時から、熱海市の多賀海岸で営まれた。長浜ビーチから小山臨海公園がある中野までの約3000メートルに270基のかがり火が一斉にたかれ、盆に迎えた先祖の霊を送り、無病息災を祈った。

同協会の富岡篤美会長によれば、南熱海多賀地区は古くからみかんやだいだいの産地として知られ、夏になるとみかん畑の害虫駆除のため、海岸で大規模なたき火を実施。飛び込んできた害虫をまとめて除去したという。そんな伝統行事も昭和に入り姿を消したが、昭和30年代にお盆の送り火として復活。年々評判を呼び、近年は多賀地区最大イベントに成長した。当初は文字通り108基で始めたが、今年は270基まで増え、住民が総出で火をともした。京都の「大文字」のような大規模な送り火はあるが、「一文字」では多賀の送り火は日本最大級という。

海を見下ろす国道135号の歩道や砂浜では市民や観光客が集まり、夏の夜空を焦がす壮大な270基の炎をスマホのカメラに収めるなどして、過ぎゆく夏を惜しんだ。

 

IMG_6385ss

IMG_6146ssp (1)DSC_8597ss (2)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

離れの宿…ほのか 離れの宿…ほのか
渡辺耳鼻咽喉科

ピックアップ記事

  1. 2019-3-22

    芸妓見番前の「枝垂れ桜」も満開 芸妓衆往き交う熱海の名所

    初川を挟んで熱海芸妓見番歌舞練場の対岸に植えられた2本の枝垂れ桜が3月22日、満開を迎え、観光客の目…
  2. 2019-3-22

    今年最高の21・3度 大湯間欠泉前のソメイヨシノ、一気に満開

    東京都心をはじめ、全国で桜(ソメイヨシノ)の開花が発表される中、熱海市上宿町の大湯間欠泉前、…
  3. 2019-3-22

    熱海まち歩きガイドの会、10周年祝賀会 足跡と思い出つづり記念誌制作

    熱海市の観光地ボランティア団体「熱海まち歩きガイドの会」(疋田和歌子会長)は3月20日、銀座…
  4. 2019-3-21

    壮観、川口健後援会が総決起大会 南熱海の向こう三軒両隣、総出で応援

    熱海市議選に立候補を表明している現職・川口健氏(51、自民)の後援会は3月20日夜、…
ページ上部へ戻る