【編集室】候補者を目と耳で確かめよう! きょう立候補予定の3氏が公開討論 

熱海市では9月7日に市長選の投開票がある。その市長選には現職の斉藤栄氏(51)、市議の田中秀宝氏(45)、前熱海市観光協会会長の森田金清氏(46)が立候補を表明し、「実質的な選挙戦」が始まっている。
しかし、一般市民にはその政策や主張を聞く機会が少ないことから、熱海青年会議所(熱海JC、高橋一美理事長)が市長候補者を全員集めて「公開討論会」を開く。市の将来がかかる首長を一緒に選別できるチャンスは最初でこれが最後。3氏のディベート対決が注目される。
「公開討論会は」は今日27日午後7時から、MOA美術館能楽堂(熱海市桃山町)で約2時間にわたって開催され、入場は無料。
市民のみなさん、「誰に投票したらいいか分からないから、投票には行かない」とお考えの方。候補者の考えを自分の目と耳で確かめ、よりふさわしい人を選ぼうではありませんか。企画した熱海JCなど若い世代にこたえるためにも、足を運びましょう。

(編集主幹・松本洋二)

◇コーディネーター採用 討論会では司会役のコーディネーター(経済評論家・池田健三氏)が公平・公正な立場から候補者に①熱海駅前広場の利活用②市の産業(観光・商業・工業)の活性化③公共サービスの在り方と行政財政改革④その他―について質問し、ディスカッションする。会場からの質問は受け付けない。
◇会場 MOA美術館能楽堂は500人収容。3階入口に200台分の駐車場を開放。問い合わせは事務局(0557-82-1855)

jcポスター選挙

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-27

    「変異種感染者の市町名公開を」齋藤栄市長、コロナ情報開示で県を批判

    熱海市の齋藤栄市長は1月26日、英国で流行している新型コロナウイルスの変異種への感染が静岡県内で4…
  2. 2021-1-27

    【お悔やみ】稲葉精司さん(熱海市紅葉ガ丘)1月25日死去

    稲葉精司さん(いなば・つかさ)1月25日死去、81歳。熱海市紅葉ガ丘町18の58。出棺28日午前1…
  3. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  4. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
ページ上部へ戻る