【市政】熱海市長選:公開討論会詳報(2)熱海駅前広場の利活用

◇8月27日=MOA美術館能楽堂
◇出席者(抽選順) 斉藤栄氏(熱海市長) 田中秀宝氏(熱海市議) 森田金清氏(前熱海市観光協会会長)
◇司会=池田健三郎氏(経済評論家)

―熱海駅前広場について。

【田中】タクシーは降車に限り侵入を許可。マイクロバスは乗車のみ停車する。こうすれば駅ロータリー内の不便さは解消する。そのためにはマイクロバスの待機所が必要となるが、幸い、隣接する伊豆箱根バス営業所のところに空きスペースがあり、レンタルしてもいいと言っている。借用してもいいし、等価交換という方法もある。駐車場は最初の30分が無料というところに問題がある。降車のほかに買い物や食事に利用している人も多いと聞く。駐車場渋滞の一因にもなっており、無料はもっと短い時間に設定すべきだ。

【斉藤】現在1レーンのタクシー乗車場を2レーンに増やし、乗車、降車ともにも駅改札まで一番近い距離に改良している。10月までに完成の予定だ。タクシーの降車場を一般車ロータリー側に設置してほしいという要望もあるが、これは運用面での実証実験をして検討する。駅と駅ビルができあがるにはあと2-3年かかる。まだ不透明の部分があり、市民協議会などで協議を重ねていきたい。駅問題は皆様におしかりを受けているが、市民協議会や分野別の意見交換会などで話し合い、整備してきたことだ。

【森田】旅館ホテルのマイクロバスの苦情は私のところにも来ている。断わっておくが、今の形は旅館組合や観光協会側がお願いしたのではない。逆に旅館側は2台返上しているくらいだ。高齢者や障害者、お客様が雨に濡れないようにタクシーが改札口の近い所にあるのがユニバーサルデザイン。送迎バスはマクドナルド側だけにし、タクシーがロータリーに入って来られるように変えるべきだ。現在19台分ある駐車場を半分に減らし、マイクロバスを止める方法もある。田中さんが言うように伊豆箱根バスのところに実験的に置かせてもらうのも一考に値する。

 

DSC_9995ssp2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  2. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  3. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  4. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
ページ上部へ戻る