【イベント】熱海の夏の思い出にいかが 500人が流しそうめんを堪能

 

熱海仲見世振興会(椎野文夫会長)は28日、熱海駅前の仲見世商店街で流しそうめん500食を振る舞った。アーケード街に全長70メートルの竹が設置され、市民や観光客が流れてくるそうめんをおいしそうにほおばった。このイベントは2003年に始まり、当初は同商店街の子どもたちへの夏休み最後のサービスだったが、年々、規模が大きくなり新たな熱海の夏の風物詩になっている。

写真=赤尾光一さん撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-23

    最強地下アイドルユニット「仮面女子」、熱海海上花火大会に出現

    夏季熱海海上花火大会開催に合わせ、打ち上げ前に親水公園イベント広場で開かれる「ゆかたで遊ぼ…
  2. 2019-8-23

    懲役2年、前伊東市長の実刑確定 伊東市、退職金5400万円を全額返還請求へ

    伊東市の旧伊東マンダリン岡本ホテル跡地売買をめぐる贈収賄事件で収賄の罪に問われ、一審に続き二審の東…
  3. 2019-8-23

    東海汽船、「熱海⇆大島」高速ジェット便、往復3500円 62%OFF

    今年11月に創立130周年を迎える東海汽船は8月23日、「熱海⇄大島」航路の高速ジェット船を往復3…
  4. 2019-8-23

    熱海中でPTA奉仕作業 今宮、来宮、伊豆山の厄年奉賛会が“助っ人”

    熱海中学校で8月22日、PTA奉仕作業(渡邉昇会長)が行われた。生徒、保護者、教職員が校舎内外の清…
ページ上部へ戻る