【イベント】熱海の夏の思い出にいかが 500人が流しそうめんを堪能

 

熱海仲見世振興会(椎野文夫会長)は28日、熱海駅前の仲見世商店街で流しそうめん500食を振る舞った。アーケード街に全長70メートルの竹が設置され、市民や観光客が流れてくるそうめんをおいしそうにほおばった。このイベントは2003年に始まり、当初は同商店街の子どもたちへの夏休み最後のサービスだったが、年々、規模が大きくなり新たな熱海の夏の風物詩になっている。

写真=赤尾光一さん撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-23

    静岡県民限定1泊最大5000円割引 都の緊急事態宣言で5月末まで延長

    静岡県は、県民が県内で観光する場合に宿泊費を1泊最大5千円割り引く「今こそ!しずおか!!元気旅!!…
  2. 2021-4-23

    下松田町、銀座、温泉通りで町内会長が交代、熱海市町内会長連合会

    熱海市町内会連合会はこのほど、市役所4階会議室で4月定例会を開き、3町内会の会長交代が報告された。…
  3. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  4. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
ページ上部へ戻る