【イベント】熱海の夏の思い出にいかが 500人が流しそうめんを堪能

 

熱海仲見世振興会(椎野文夫会長)は28日、熱海駅前の仲見世商店街で流しそうめん500食を振る舞った。アーケード街に全長70メートルの竹が設置され、市民や観光客が流れてくるそうめんをおいしそうにほおばった。このイベントは2003年に始まり、当初は同商店街の子どもたちへの夏休み最後のサービスだったが、年々、規模が大きくなり新たな熱海の夏の風物詩になっている。

写真=赤尾光一さん撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る