【観光】伊豆半島 日本から世界のジオパークへ

 

日本ジオパーク委員会が28日、都内で開かれ、「伊豆半島ジオパーク」(熱海市など7市8町で構成)を世界ジオパークに推薦することが決めた。順調にいけば2015年9月ごろに登録の可否が決まる。先に申請している熊本県の阿蘇の登録が保留されれば、推薦時期がずれ込むことになる。委員会は推薦を決めた理由を「伊豆半島に本州への衝突の過程が分かる貴重な自然が残っている」としている。

◇ジオパーク 地質学的に貴重な地層や地形などの自然遺産を守り、観光や教育に生かしていこうとユネスコが支援。現在、国内には33カ所のジオパークがあり、そのうち6カ所が世界ジオパークに認定されている。伊豆半島は2012年9月に日本ジオパークとなった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-5-26

    小山臨海公園に魂の鼓動、響く 南あたみ和太鼓まつりに6団体

    和太鼓を通じて、地域活性化の活動を続ける「網代おやじの会」(聞間秀人会長)は5月26日、熱海…
  2. 2019-5-26

    千歳川の河川清掃、1・5トンのゴミを回収 熱海市泉の3町内会など85人

    熱海市と泉地区の3町内会(泉中沢、泉五軒町、泉本区)は5月26日、神奈川県湯河原町の境界を流…
  3. 2019-5-26

    熱海鉄道同好会が「春の鉄道展」、新天皇ご即位を記念して「お召し列車」も

    「春の鉄道展」が5月25日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始まり、鉄道ファンや子…
  4. 2019-5-25

    湯浴び、勇壮な練り 泉公園でクライマックス/湯かけまつり神輿パレード

    温泉に感謝を込めて、沿道の人々が盛大に神輿に湯を掛ける第36回「湯かけまつり神輿パレード」が…
ページ上部へ戻る