【観光】伊豆半島 日本から世界のジオパークへ

 

日本ジオパーク委員会が28日、都内で開かれ、「伊豆半島ジオパーク」(熱海市など7市8町で構成)を世界ジオパークに推薦することが決めた。順調にいけば2015年9月ごろに登録の可否が決まる。先に申請している熊本県の阿蘇の登録が保留されれば、推薦時期がずれ込むことになる。委員会は推薦を決めた理由を「伊豆半島に本州への衝突の過程が分かる貴重な自然が残っている」としている。

◇ジオパーク 地質学的に貴重な地層や地形などの自然遺産を守り、観光や教育に生かしていこうとユネスコが支援。現在、国内には33カ所のジオパークがあり、そのうち6カ所が世界ジオパークに認定されている。伊豆半島は2012年9月に日本ジオパークとなった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    人気ユーチューバー佐藤ひとみさん、熱海市に30万円寄付 愛のサークルリンク

    コロナ禍などによる生活困窮者の食糧支援に取り組む一般財団法人愛のサークルリンク(佐藤ひとみ代表)は…
  2. 2021-1-18

    熱海市で高齢者男性1人がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は1月18日、熱海市に住む高齢の男性(熱海市83例目、県3876例目)の新型コロナウイルス感…
  3. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  4. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
ページ上部へ戻る