【編集室】熱海の夏季花火大会の締めは「20号玉」、ドーンと一発100万円也!

 

まさしく、漆黒の夜空に大輪の花―。この夏最後となる熱海海上花火大会(主催・熱海温泉ホテル旅館協同組合)が29日夜、開催されました。金曜夜にもかかわらず、年に1回、熱海では最大規模の20号玉(2尺玉)が打ち上げられるとあって、渚親水公園やサンビーチには2万8000人が繰り出し、大盛況でした。

「20号玉」というのは、重さ70kgの玉が500メートル上空で爆発、その開花直系は約500メートル。昨年の撮影では花火が大き過ぎてカメラのフレームに収まりきれず、苦い思いをしましたした。そこで今年は雨の予報もあり、自宅屋上から撮影してみました。カメラのビデオ撮影での静止画です。
熱海の住民はこんな光景が普通に目にすることができます。どうです、住んでみませんか。ちなみにこの20号玉の料金は1発およそ100万円だそうです。

IMG_6845ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    今夜、「ブラタモリ熱海編」アンコール放送 NHK総合で午後7時半から

    NHK総合で今夜(9月19日)午後7時30分から「ブラタモリ熱海編」(初回放送2016年1月16日…
  2. 2020-9-19

    熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

    熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静…
  3. 2020-9-19

    65歳以上の「お達者度」 県内の男性伸び率トップは熱海市 静岡県が公表  

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
  4. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
ページ上部へ戻る