【編集室】熱海の夏季花火大会の締めは「20号玉」、ドーンと一発100万円也!

 

まさしく、漆黒の夜空に大輪の花―。この夏最後となる熱海海上花火大会(主催・熱海温泉ホテル旅館協同組合)が29日夜、開催されました。金曜夜にもかかわらず、年に1回、熱海では最大規模の20号玉(2尺玉)が打ち上げられるとあって、渚親水公園やサンビーチには2万8000人が繰り出し、大盛況でした。

「20号玉」というのは、重さ70kgの玉が500メートル上空で爆発、その開花直系は約500メートル。昨年の撮影では花火が大き過ぎてカメラのフレームに収まりきれず、苦い思いをしましたした。そこで今年は雨の予報もあり、自宅屋上から撮影してみました。カメラのビデオ撮影での静止画です。
熱海の住民はこんな光景が普通に目にすることができます。どうです、住んでみませんか。ちなみにこの20号玉の料金は1発およそ100万円だそうです。

IMG_6845ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る