【編集室】3陣営の出陣式で分かった森田陣営だけの「意外な一面」 

 

熱海市長選の告示日を迎えた31日、田中ひでたか、森田かねきよ、さいとう栄3陣営がそれぞれ出陣式を行った。全て見た人は何人もいないだろうが、その1人として分かったことがある。初めて選挙に臨む森田陣営の真摯(しんし)な姿勢である。
この日の各陣営の出陣式の聴衆はこうだ。午前10時(清水町)のさいとう陣営が350人。午後1時(清水橋)の田中陣営は300人。そして午後6時30分(銀座町)の森田陣営は250人。数字だけ見ると、森田陣営がもっとも少ない。でもそこに数字のマジックがあった。

ざっくり言えば、いずれの陣営とも数字に見合う聴衆がいた。一つ違うのは選挙なれした他陣営とは違い、森田陣営は広報担当も兼ねる杉山恭平さんが1人ひとり数えていたこと。午前9時から駅前であった第一声も発表は250人だが、これも実数。他は”大本営発表”の数字である。
それがどうしたといわれればそれまでだが、一事が万事。初めて選挙に臨む森田陣営には真摯さとともに紳士さも見てとれた。
(編集主幹・松本洋二)

◇森田かねきよ出陣式出席議員 杉山利勝 佐藤元昭 藤曲敬宏 川口健

IMAG1075

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
  2. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  3. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  4. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
ページ上部へ戻る