【市政】マイク納め式で最後の訴え さいとう氏「3人の候補者の実績、ビジョン、経験を見比べていただきたい」

◇さいとう栄氏
午後7時40分、熱海駅での選挙運動を終えると民主党市議らと清水町の選挙事務所まで歩いて戻った。途中、支援者一人ひとりと握手を交わし、3期目の投票を訴えた。マイク納め式では、集まったおよそ100人の支持者を前に「3期目はどうしてもやれなかった“住まうまち熱海づくり”をやり、市民のみなさんを幸せにします」と宣言。この日は「3人を見比べていただきたい。実績、ビジョン、経験。行政のプロはさいとう栄しかいない」と財政再建に取り組んだ2期8年の実績を強調した。

後援会会長の富岡篤美氏、橋本一実県議が同席したが、支援者の多くが高齢者のせいか、他陣営に比べ集まった人の数が少なかった。それでも報道各社に配った市長の日程予定表に8日午前10時にある「当選証書付与式」へ出席と書き込んで配布するなど、勝利への並々ならぬ自信を伺わせた。

 

DSC_1200ss

 

写真 (68)

DSC_1504ss (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    ジャカランダ 中止となったフェス開幕日、ひっそりと青紫に染めあげる

    本来なら「ATAMIジャカランダフェスティバル」(6月6日〜21日、熱海市観光協会主催)の…
  2. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  3. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  4. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
ページ上部へ戻る