【市長選】森田金清氏が敗戦の弁、4年後のリベンジを宣言

 

熱海市銀座町の森田金清氏の選挙事務所では午後10時過ぎ、斉藤氏の当選確実の情報が流れると、開票を見守っていたおよそ150人の支援者からため息が漏れた。
午後10時20分、森田氏が事務所に現れ、「力不足で申し訳ありませんでした」と支援者たちに深々と頭を下げた。続けて「長い選挙戦で生まれたきずなと仲間たちが財産。この先のことはこれからじっくり考えるが、チャンスがあれば4年後にもう一度チャレンジしたい」と話すと、支援者たちから「頼んだぞ森田、絶対だぞ」の声とともに大きな拍手が起きた。

杉山誠一後援会長は「今回の選挙は変革を肯定するか否定するかの選択だった。結果として市民は変革を望まなかったのだろう。この経験を糧に捲土重来を期したい」と選挙戦を総括した。

 

写真 (79)

写真 (81)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-5

    熱海市でさらに2人コロナ感染 1人は県外通勤者 クラスターとは無関係

    静岡県は8月5日、熱海市内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。ともにクラスターが…
  2. 2020-8-5

    熱海市、接客業従業員のPCR検査8割助成 店名公表は協力金10万円支給

    新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、熱海市は8月5日、飲食店や宿泊施設、タクシーなど接客に…
  3. 2020-8-5

    【お悔やみ】山田チエさん(熱海市西熱海町)8月3日死去

    山田チエさん(やまだ・チエ)8月3日死去、98歳。熱海市西熱海町。出棺7日午前11時、熱海葬祭中央…
  4. 2020-8-4

    コロナ陰性の音楽カフェ利用者、1週間後に「陽性」 クラスター計13人

    陰性だった熱海市住人が1週間後に「陽性」判明ー。静岡県は8月4日、クラスター(感染者集団)が発生し…
ページ上部へ戻る