【市政】斉藤栄氏に当選証書、「市民との約束を果たせるように全力で取り組む」

熱海市選挙管理委員会(石井拓治委員長)は8日、市役所で当選付与式を行い、熱海市長選で当選した現職の斉藤栄氏(51)に当選証書を手渡した。3度目の当選を果たした斉藤氏は「本当に身が引き締まる思いがする。市民との約束を果たせるように全力で取り組み、しっかり頑張ります」とあいさつ。

公約に挙げた「住まうまち熱海づくり」の手始めとして市民福祉の向上に取り組むとし、「高齢者の外出支援」「市営住宅の介護施設の増設」に取り掛かる方針。財源はこれまで積み上げた25億円の基金(市の貯金)を使い、「何年かかけて計画を練るのではなく、何らかの形でやってみて修正する方式をとりたい」と話した。
13日まで任期があるため、3期目の初登庁は16日になる。

 

DSCN4461

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のラッパスイセン、イノシシ被害 1万株“ラッセル掘り”で壊滅

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに荒らされ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る