【市政】斉藤栄氏に当選証書、「市民との約束を果たせるように全力で取り組む」

熱海市選挙管理委員会(石井拓治委員長)は8日、市役所で当選付与式を行い、熱海市長選で当選した現職の斉藤栄氏(51)に当選証書を手渡した。3度目の当選を果たした斉藤氏は「本当に身が引き締まる思いがする。市民との約束を果たせるように全力で取り組み、しっかり頑張ります」とあいさつ。

公約に挙げた「住まうまち熱海づくり」の手始めとして市民福祉の向上に取り組むとし、「高齢者の外出支援」「市営住宅の介護施設の増設」に取り掛かる方針。財源はこれまで積み上げた25億円の基金(市の貯金)を使い、「何年かかけて計画を練るのではなく、何らかの形でやってみて修正する方式をとりたい」と話した。
13日まで任期があるため、3期目の初登庁は16日になる。

 

DSCN4461

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  2. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  3. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
  4. 2021-10-22

    起雲閣でモロッコ•フェズ刺繍作家・中山奈穂美さん作品展 ART EXPO始まる

    東京都と熱海市の双方に住まいを持つ「二拠点生活」を続けながら、都内でモロッコ伝統の「フェズ刺繍(しし…
ページ上部へ戻る