【市政】斉藤栄氏に当選証書、「市民との約束を果たせるように全力で取り組む」

熱海市選挙管理委員会(石井拓治委員長)は8日、市役所で当選付与式を行い、熱海市長選で当選した現職の斉藤栄氏(51)に当選証書を手渡した。3度目の当選を果たした斉藤氏は「本当に身が引き締まる思いがする。市民との約束を果たせるように全力で取り組み、しっかり頑張ります」とあいさつ。

公約に挙げた「住まうまち熱海づくり」の手始めとして市民福祉の向上に取り組むとし、「高齢者の外出支援」「市営住宅の介護施設の増設」に取り掛かる方針。財源はこれまで積み上げた25億円の基金(市の貯金)を使い、「何年かかけて計画を練るのではなく、何らかの形でやってみて修正する方式をとりたい」と話した。
13日まで任期があるため、3期目の初登庁は16日になる。

 

DSCN4461

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-15

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 ともに無症状、50歳代男性と高齢者

    静岡県は1月15日、熱海市に住む50歳代男性と高齢者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感染…
  2. 2021-1-15

    あたみ桜の蜜を求め、メジロが飛来 「糸川桜まつり」開幕から1週間 

    熱海市は1月13日現在のあたみ桜の開花状況を発表した。「あたみ桜糸川桜まつり」(〜2月7日…
  3. 2021-1-14

    富士山も祝福 熱海富士、寄り倒しで2勝目 熱海市の滝知山展望台が名所に  

    大相撲初場所は1月14日、東京・両国国技館で5日目の取組が行われ、熱海市出身で東序ノ口25…
  4. 2021-1-14

    熱海市で5人のコロナ感染確認 3人は未成年者、2人は高齢でない成人

    静岡県は1月14日、熱海市に住む5人の新型コロナウイルス感染を新たに確認した、と発表した。このうち…
ページ上部へ戻る