【市政】斉藤栄氏に当選証書、「市民との約束を果たせるように全力で取り組む」

熱海市選挙管理委員会(石井拓治委員長)は8日、市役所で当選付与式を行い、熱海市長選で当選した現職の斉藤栄氏(51)に当選証書を手渡した。3度目の当選を果たした斉藤氏は「本当に身が引き締まる思いがする。市民との約束を果たせるように全力で取り組み、しっかり頑張ります」とあいさつ。

公約に挙げた「住まうまち熱海づくり」の手始めとして市民福祉の向上に取り組むとし、「高齢者の外出支援」「市営住宅の介護施設の増設」に取り掛かる方針。財源はこれまで積み上げた25億円の基金(市の貯金)を使い、「何年かかけて計画を練るのではなく、何らかの形でやってみて修正する方式をとりたい」と話した。
13日まで任期があるため、3期目の初登庁は16日になる。

 

DSCN4461

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
  2. 2020-7-7

    新社長に富岡篤美氏 エフエム熱海湯河原 多賀・網代の難聴地区解消へ

    熱海市の「エフエム熱海湯河原」はこのほど、定時株主総会・取締役会を開き、役員改選で市内下多賀の旅館…
  3. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  4. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
ページ上部へ戻る