【社寺】そぼ降る雨の中、来宮神社本殿で「仲秋観月祭演奏会」

 

雅楽を聞きながら十五夜をめでる「仲秋の観月祭・演奏会」が8日夜、来宮神社(雨宮治興宮司)であった。毎年、四季を通じて最もお月さまが美しく輝いて見える「仲秋の名月」の日に開かれる恒例行事。例年なら本殿前に設けられた椅子に座って風流な雅楽の下で月をめでるが、今年はそぼ降る雨のため、本殿に舞台を移し、雅楽や琴、舞楽が披露された。

神事の後、雨宮宮司が「今宵はあいにくの雨でしたが、楽師20人が揃うのは大変珍しく、本殿に響く音の迫力を楽しんでいただきたい」とあいさつ。宮内庁関係者など20人の楽師が奏でる笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)、琵琶、太鼓などの音が本堂に響き渡り、市民や観光客を魅了した。

写真 (84)

写真 (88)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る