【観光】今夏の熱海の人出58万8000人、昨年より4万3000人下回る

熱海市観光協会は10日、7、8月の熱海市の観光行事の人出をまとめ、発表した。イベントでは7月が熱海こがし祭り山車コンクールの6万8000人(2日間)など13万9242人、8月は21万7430人。合計35万6672人は前年を約2000人下回った。熱海海上花火大会は計19万600人(計7回)で同数だった前年を8000人上回った。

7月12日から8月31日の海水浴の人出は熱海サンビーチが16万9461人(前年比3・9%減)、長浜海水浴場が5万8798人(同36.5%減)、網代温泉海水浴場が3433人(同9・8%減)の計23万1692人(同15%減)。イベントに海水浴を加えた総合計は58万8364人で前年を約4万3000人下回った。お盆の時期の台風が影響したと見られる。

 

画像

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-20

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢者と高齢でない成人/1月20日

    静岡県は1月20日、熱海市に住む高齢者と高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表し…
  2. 2021-1-20

    コロナ緊急事態宣言で“熱海ひん死” 経済3団体トップ、市に緊急要望書 

    1月20日熱海駅前・仲見世通り商店街 熱海市の経済観光3団体トップ3人が1月20日、新型コロ…
  3. 2021-1-20

    川勝知事、緊急警報を発令 県内で英国の変異種コロナ3人感染 熱海以外の地域

    英国で流行している変異型の新型コロナウイルス感染者が静岡県内で男女3人が確認されたことを受け、川勝…
  4. 2021-1-19

    「あたみ桜」観に来て 多賀観光協会、1月23日から「四季の道桜まつり」 

    熱海市の多賀観光協会は、1月23日から2月7日まで「四季の道桜まつり」を開催する。JR伊豆多賀駅と…
ページ上部へ戻る