【社会】スワ、熱海湾に大津波襲来!相模トラフ震源の大地震想定で総合防災訓練

熱海市は14日、熱海署、市消防、陸上自衛隊、下田海上保安部、熱海市医師会など37団体の協力を得て伊豆山小学校をメーン会場に市内21カ所で熱海市総合防災訓練を行った。相模トラフ沿いを震源とする大規模地震が発生し、伊豆半島東海岸に大津波が襲来。市内各所で山崩れが起き、家屋が倒壊。道路が陥没し、一部地域で火災が発生。多数の負傷者が出た。また電気、ガス、水道及び通信施設にも大きな被害が出て、交通機関はマヒ状態--という想定で行い、地元住人や自主防災関係者などおよそ3000人が参加した。

伊豆山小学校では、斉藤栄市長が視察するなか、住民たちが3つのグループに分かれ、初期消火、ライフラインの復旧、応急手当の訓練に取り組んだ。また熱海女性連絡会のメンバーがアルファ米の炊き出しを行った。

熱海港では居場所を失った観光客を海上保安庁の巡視船に乗せて、横浜港に脱出させる観光地ならではの訓練も実施した。

静岡県が昨年6月に公表した第4次地震被害想定によると、駿河トラフ・南海トラフ沿いで発生する地震・津波による死者は、県内で10万5000人、伊豆で約1万8000人。熱海市でも津波で最大60人、山崖崩れで同10人の被害が想定されている。

DSC_2077ss

DSC_2037ssDSC_2096ss

DSC_2079ss2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  2. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  3. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  4. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
ページ上部へ戻る