【観光】秋の花火に2万5000人、イベントとの相乗効果で1万人増

今秋唯一の熱海海上花火大会(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が敬老の日の15日(祝・月)、熱海湾であった。2万5000人の観衆が秋の夜空を彩るスターマインや大空中ナイアガラなど約3000発の花火を楽しんだ。

昨年の秋季花火大会は同じ3連休の最終日となる9月16日(祝・月)に開催され、観衆は1万5000人だった。前年を1万人上回ったことについて、主催者は、新たに開催された全国グルメと音楽のイベント『Ata Fes’14』(熱海JC・伊豆熱海街おこし振興会)との相乗効果が大きい」、分析している。
次回は冬季熱海海上花火大会シリーズが始まる12月7日。

 

hanabi100 (2)テラス席夜客

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-15

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 ともに無症状、50歳代男性と高齢者

    静岡県は1月15日、熱海市に住む50歳代男性と高齢者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感染…
  2. 2021-1-15

    あたみ桜の蜜を求め、メジロが飛来 「糸川桜まつり」開幕から1週間 

    熱海市は1月13日現在のあたみ桜の開花状況を発表した。「あたみ桜糸川桜まつり」(〜2月7日…
  3. 2021-1-14

    富士山も祝福 熱海富士、寄り倒しで2勝目 熱海市の滝知山展望台が名所に  

    大相撲初場所は1月14日、東京・両国国技館で5日目の取組が行われ、熱海市出身で東序ノ口25…
  4. 2021-1-14

    熱海市で5人のコロナ感染確認 3人は未成年者、2人は高齢でない成人

    静岡県は1月14日、熱海市に住む5人の新型コロナウイルス感染を新たに確認した、と発表した。このうち…
ページ上部へ戻る