【社会】初島の事業所でデング熱患者 県内2人目

静岡県は18日、熱海保健所管内の20代の男性がデング熱に感染していることを確認したと発表した。男性は9月10日に勤務先の初島の事業所で発熱や頭痛の症状を訴え、16日に医療機関で受診したところ、デングの感染が疑われ、県環境衛生科学研究所の検査で感染が確認された。男性は11日から自宅療養中で快方に向かっているという。

男性は9月上旬に都内を訪問しており、その際に感染したと思われるが、男性が「9日と10日に勤務中に蚊に刺された」と話していることから、二次感染予防のため、熱海市と勤務先の事業所では蚊の行動範囲とされる半径100メートルに薬剤を散布した。19日も初島の各所で蚊の駆除を実施する。

今後、国立感染症研究所で詳細な遺伝子解析を行い、感染経過を調べる。県内でデング熱感染が確認されたのはこれが2人目。

IMAG1146 (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る