【まちづくり】初秋の梅園で草取り 梅園ボランティアが「蚊駆除」に一役

初島でデング熱患者が見つかった18日、梅園ボランティアの会員たちが、手作業で熱海梅園の雑草取りを行った。デング熱に感染した蚊がいるとしても、海を隔てた初島とあって、熱海梅園に飛来することはまずないが、熱海梅園を訪れる市民や観光客たちに不安を与えたり、蚊に刺されたりしないように藪の奥深くまで入り込んで丁寧に草を刈りこんだ。

同ボランティアは毎月第3週に活動しており、今月は14日から始まり、登録している16人のメンバーがそれぞれ都合のいい曜日、時間帯を選んで作業している。

DSC_2341ss

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
  2. 2020-7-7

    新社長に富岡篤美氏 エフエム熱海湯河原 多賀・網代の難聴地区解消へ

    熱海市の「エフエム熱海湯河原」はこのほど、定時株主総会・取締役会を開き、役員改選で市内下多賀の旅館…
  3. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  4. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
ページ上部へ戻る