【市政】斉藤市長が「蚊の駆除作業」視察で初島を訪問

熱海市の斉藤栄市長は19日、熱海保健所の後藤幹生所長とともにデング熱に感染した男性の勤務先がある初島を訪れ、蚊の駆除作業を視察した。地元住人ら約10人が島内全域の草むらやヤブを中心に噴霧器などを使って薬剤を散布した。

斉藤市長は「まずは島民の安全安心を確保することが大事。蚊の駆除を徹底することが風評被害の一番の対策」と話し、「市内での感染もゼロとは言えない。多くの観光客が来遊する市街地の観光施設の周辺でも駆除作業を検討したい」と続けた。島の民宿では蚊取り線香をたくなどして蚊対策を行っており、いまのところデング熱によるキャンセルは出ていないという。
初島では2週間後に再び駆除する方針。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-11

    熱海で今年最高の34・6度  海の涼求め、首都圏からの車列続く

    高気圧に覆われた影響で、8月11日の熱海市は日差しが強まり、網代で午後1時37分に今年の最高気温と…
  2. 2020-8-11

    熱海・伊豆多賀海上花火大会、12日午後8時20分〜長浜海浜公園

    熱海市の多賀観光協会は8月12日、長浜海浜公園で伊豆多賀海上花火大会を開催する。時間は午後8時20…
  3. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  4. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
ページ上部へ戻る