【市政】斉藤市長が「蚊の駆除作業」視察で初島を訪問

熱海市の斉藤栄市長は19日、熱海保健所の後藤幹生所長とともにデング熱に感染した男性の勤務先がある初島を訪れ、蚊の駆除作業を視察した。地元住人ら約10人が島内全域の草むらやヤブを中心に噴霧器などを使って薬剤を散布した。

斉藤市長は「まずは島民の安全安心を確保することが大事。蚊の駆除を徹底することが風評被害の一番の対策」と話し、「市内での感染もゼロとは言えない。多くの観光客が来遊する市街地の観光施設の周辺でも駆除作業を検討したい」と続けた。島の民宿では蚊取り線香をたくなどして蚊対策を行っており、いまのところデング熱によるキャンセルは出ていないという。
初島では2週間後に再び駆除する方針。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    人気ユーチューバー佐藤ひとみさん、熱海市に30万円寄付 愛のサークルリンク

    コロナ禍などによる生活困窮者の食糧支援に取り組む一般財団法人愛のサークルリンク(佐藤ひとみ代表)は…
  2. 2021-1-18

    熱海市で高齢者男性1人がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は1月18日、熱海市に住む高齢の男性(熱海市83例目、県3876例目)の新型コロナウイルス感…
  3. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  4. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
ページ上部へ戻る