【社寺】御殿稲荷神社で秋祭り 家内安全と市の繁盛を祈願

熱海市役所の第3庁舎入口に鎮座する「御殿稲荷(いなり)神社」(雨宮盛克宮司)で21日、秋祭があった。雨宮宮司が神事を執り行い、祝詞を奏上したあと、同神社の世話人の講元代表の盛岡俊光さんや地元新宿町内会の住人とともに斉藤栄市長夫妻が玉串を奉てんし、家内安全や熱海市の発展などを祈願した。

斉藤市長は「岡本ホテル跡地を市が購入できたのは御殿稲荷のお導きだと思っている。一昨年末に地元町内会の方々が石垣を改修し、社殿を塗り替えた際に一緒にお参りさせていただいたが、その直後に跡地購入の話が飛び込んできた。熱海市役所の守り神です」とあいさつした。

◇御殿稲荷(ごてんいなり) 江戸幕府三代将軍・徳川家光は、家康が大湯の温泉で湯治した熱海に湯治御殿を造らせた。その際、御殿の鬼門除けのために京都京都伏見神社より分祀して建立した。

 

 

写真4

写真9写1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る