【文化】芸術の秋、「坂本武典日本画展」に大勢の美術ファン

秋分の日の23日、起雲閣企画展示室でロングラン開催されている「坂本武典日本画展・来宮神社参集殿奉納記念」がいよいよ最終ウィークに入り、大勢の美術ファンでにぎわった。
熱海在住の日本画家坂本武典さんの作品展で、昨年完成した来宮神社参集殿に奉納した「来宮の大楠」、「桜花不二」、「鶴嶺不二」の絵画3点をはじめ、「故郷への想い」と題した絵画や屏風(びょうぶ)など約30点。来宮神社、起雲閣を題材にしたタペストリーも展示されている。

坂本さんが熱海市内で大規模な展覧会を行うのは3年ぶり。人脈の広さを物語るようにこれまで細野剛志衆院議員、榛葉賀津也参院議員など多くの政財界関係者も観賞に訪れている。
同展は28日まで。

坂本絵

写真8制作中写真6

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  2. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  3. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  4. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
ページ上部へ戻る