【市政】湯河原町からの救急搬送「年間753件」 熱海市が緊急医療体制費を負担

隣接する湯河原町から救急車で熱海市の2次医療機関である3病院に運ばれてくる患者の搬送件数が、年間で753件あることが分かった。内訳は国際医療福祉大熱海病院が463件、熱海所記念病院が284件、南あたみ第一病院が6件。9月市議会の一般質問で川口健議員(爽心会)の質問に熱海市が2013年度の件数として答えた。

同議員の「湯河原町に(熱海市の)緊急医療体制へ負担を求めないのか」の質問には「2次緊急業務は都道県が策定する医療計画に基づき、2次医療圏ごとに実施され、(神奈川県湯河原町に)負担金をなどをお願いするのは難しい」との認識を示した。

川1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-20

    満天の星空の下で映画鑑賞会 姫の沢公園・スポーツ広場で初開催 

    星空の下で映画を楽しむ野外上映会が9月19日夜、熱海市の姫の沢公園・スポーツ広場で開かれ、…
  2. 2020-9-20

    【お悔やみ】工藤尚志さん(熱海市網代)9月18日死去

    工藤尚志さん(くどう・なおし)9月18日死去、92歳。熱海市網代。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
  3. 2020-9-19

    今夜、「ブラタモリ熱海編」アンコール放送 NHK総合で午後7時半から

    NHK総合で今夜(9月19日)午後7時30分から「ブラタモリ熱海編」(初回放送2016年1月16日…
  4. 2020-9-19

    熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

    熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静…
ページ上部へ戻る