【市政】熱海市に選挙ビラなどの苦情15件

9月7日投開票の熱海市長選で熱海市選挙管理委員会に15件の苦情があったことが分かった。9月市議会で越村修議員(あたみ絆の会)の「今回の市長選において、適正でない選挙運動に関して通報等があったのか」の質問に市当局が「選挙運動や後援団体の政治活動に関する問い合わせや指摘が15件ほどあった」と回答した。内容の主なものとしては「街頭で配布していたという政治活動用のビラや選挙事務所などに掲示してあるポスター」という。

写真 (55)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る