【市政】市消防の第1次派遣隊が帰隊報告 御嶽山で行方不明者1名を搬送

御嶽山の噴火災害で救助活動に従事した熱海市緊急消防救助隊の1次派遣隊7人が9日、6日間(10月3日~8日)の任務を終えて熱海市に戻り、9日午後、市消防庁舎車庫で土屋千秋消防長に帰隊を、斉藤栄市長に派遣活動を報告した。併せて静岡県の6次派遣隊に加わる市緊急消防救助隊の2次派遣隊7人の出発式も行われた。
杉野巧派遣隊長以下7人の1次派遣隊は、県緊急消防援助隊の第3次派遣隊として長野県木曽郡王滝村を拠点に、標高2000mを超える山岳地で有毒ガスによる危険があるなか、東京消防庁、警察及び自衛隊と協力し、要救助者の救出活動を実施した。派遣2日目の4日には天候不良のため、自衛隊ヘリが使えず、午前9時にゴーグルとマスクを付けて御嶽山7合目の田の原登山口を出発し、約2時間かけて王滝山の9合目まで登った。ここで先遣隊が3名の心肺停止の行方不明者を発見、その内の1人を約6時間かけて登山道入り口まで搬送したが、死亡が確認されたという。

「8号目を超えると急斜面の上に雨を吸った火山灰がひどく、一歩進むごとに膝もとまで埋まる状況でした。下りは危険な個所がいくつもあり、24人の隊員がそれぞれの任務を交代しながら搬送した。結果的に命を助けられなかったが、今回の人命救助の経験を今後の任務にいかしたい」と中村幸揮小隊長は振り返る。台風18号接近に伴う悪天候で5日と6日は捜索活動が中止。7日は午前5時20分に八海山荘を出発し、自衛隊ヘリで御嶽山の山頂まで登り、同7時45分~午後2時まで捜索活動を行い、下山した。

DSCN4781

し3

◇熱海市消防第1次派遣隊 ▽隊長=杉野巧▽小隊長=中村幸揮▽隊員=岡田真人、矢野瑛洋、菅野格太▽後方支援小隊長=五十嵐龍彦▽隊員=釜田貢徳

 

DSCN4795

si2し1

第1次派遣隊の帰隊に伴い、市消防本部は第2次派遣隊を結成し、土屋消防長が中村治貴派遣隊長に出動を命令。斉藤市長が第1派遣隊の無事帰還を労うとともに「今回の噴火は平成3年の雲仙・普賢岳(長崎)を上回る、戦後最大の規模。現場はまだ予断を許さない状況が続いており、安全面に万全を期して任務を遂行し、無事に帰ってくることを祈っている」と2次派遣隊を激励した。決算特別委員会を開催していた熱海市議会も審議を中断し、全議員が激励に訪れた。

◇同第2次派遣隊 ▽隊長=中村治貴▽小隊長=小原典之▽隊員=湊義和、矢代興大、寺川正俊▽後方支援隊小隊長=川口伸洋▽隊員=谷口淳一
◇派遣期間(予定) 10月13日~17日

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  2. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  3. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  4. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
ページ上部へ戻る