【芸妓】あでやか、華の舞 着物や簪も秋バージョン

熱海芸妓(げいぎ)が日々の修練の成果を披露する「湯めまちをどり 華の舞」が11日あった。毎週土曜、日曜に熱海芸妓見番歌舞練所で開かれ、芸術の秋を迎え来場者が増えている。
3連休で熱海を訪れている観光客は、普段は見ることのできない生の芸妓衆の踊りや 地方(三味線等の演奏)・立ち方(踊り)の息の合った舞台に拍手が続いた。
10月から芸妓衆の着物や簪(かんざし)も秋バージョンに様変わり。舞い終えた後は客席にお降り、来場客と一緒に記念撮影したり、踊った番組の内容を説明をしたりしてもてなした。

◇10月の「華の舞」演目
熱海ぎんざ(秋) 山中しぐれ かんちろりん 久留米ソロバン踊り 河太郎 深川しぐれ すててこ 三下がり甚句

アップこはくげ12げ8ge110月番組

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    あたみ桜彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る