【まちづくり】秋の山野草でおもてなし 熱海駅前広場

熱海仲見世振興会は18日、熱海駅前広場で「秋の山野草展」を開催した。熱海を訪れる観光客へのおもてなし企画で春、初夏、秋と年に3回、季節それぞれの山野草の鉢を並べ、熱海駅前広場に彩りを添えている。今回は伊豆市の鍵山和男さんさんらがダイモンジソウ、リンドウ、ミカエリソウ、チョウジソウなど300点が展示され、可愛らし小さな花を付けた山野草をのぞみこむように見入っている。ご覧の白と赤の花は「ダイモンジソウ」。文字通り「大」の字に似ている。廉価で販売もしている。20日まで。

山野草展

 

DSCF0033ss (1)DSCF0035ssDSCF0031ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    ジャカランダ 中止となったフェス開幕日、ひっそりと青紫に染めあげる

    本来なら「ATAMIジャカランダフェスティバル」(6月6日〜21日、熱海市観光協会主催)の…
  2. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  3. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  4. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
ページ上部へ戻る