【社寺】熱海市街が祭り一色 御鳳輦、宮神輿が西部地区を巡行 

今宮神社(泉明寺みずほ宮司、京増嘉博氏子総代長)例大祭・西部観光祭(杉村英雄祭典委員長)が19日、開幕した。午前8時15分から厄年奉賛会巡幸祭が行われ、神事と鏡開きに続いて今宮子丑嵐絆會(いまみやねうしらんはんかい)」の古谷寿浩会長が善塔庄三進行部長に出発の指令。厄年奉賛会の会員たちが今宮神社の神々を御鳳輦に乗せて宮出しし、氏子地域を巡行した。

DSCN5019IMAG1473IMG_8216ssIMG_8231ss 午後は1時の発輿式の後に御神幸行列が出発。社伝神楽、神社神輿、御鳳輦が行列を作り、奉賛会会員が扮した大黒、恵比寿が厄払いの福もちを配りながら、桜ケ丘バス停ーガーデンハイツー金城館と巡行し渚小公園で小休止。清水町ー栄町公民館などのルートを巡行して午後5時過ぎに宮入りした。途中、厄年奉賛会の会員の地元町内ではそれぞれが万歳を三唱。会員や町内会の人たちに祝福された。

宮入り後の本殿前では、神輿保存会(細田泰秀会長)が御神幸行列の成功を祝って三本締め。今宮子丑嵐絆會の会員も御鳳輦の神輿を担いで何周も回り、達成感を享受した。 DSCN5046DSCN5054IMAG1545DSCN5066DSCN5075DSCN5099IMAG1504IMAG1548 神輿友好団体「嵐和会」(山代一樹会長)や町内会の神輿、子供神輿も市街や町内を練り歩き、祭りに花を添えた。嵐和会は午前11時から熱海市和田町のみのる亭前で発輿式を行い、泉明寺宮司が神事を務め、友好団体の参加者含め、約120人が神輿を担ぎ市内を勇壮に練り歩いた。神社の近くでは桜木町の神輿をはじめ、町内の子ども神輿が練り、「ワッショイ」の声が幾重にも響き渡った。

DSCN5031 DSCN5082IMAG1483-1DSCN5044 午後5時半過ぎから始まった宵宮(よいみや)祭では泉明寺宮司が祝詞を奏上したあと、京増嘉博氏子総代長、斉藤栄市長、橋本一実県議、高橋幸雄市議会議長、村山憲三市議、古谷今宮子丑嵐絆會会長らが玉ぐしを捧げ、20日に斎行される例大祭を無事奉仕できるように祈願した。 境内では今宮神社の獅子神楽と稚児舞奉納された。

DSC_5407ss2

IMAG1564-1taisai100ss (1) 20日は午後4時から例大祭神事を行い、神楽と稚児舞を奉納。午後6時から神輿パレードが繰り広げられる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る