【社寺】女児9人が豊栄の舞いを奉納

今宮神社で20日、例大祭があり、神事を行った後、獅子神楽に続いて熱海の女児9人が境内で「豊栄の舞(とよさかのまい)」を奉納した。9人はいずれも第二小の1年生と富士保育園、MOA保育園の年長組。今年9月から稽古に励んできた。稚児舞は同神社の伝統行事だが、例年は5~6人で9人というのは記憶にないという。稚児舞育成会の島田善一会長の長年の努力が実った。
「豊栄の舞」は、太陽に感謝し、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う舞で稚児たちは厳かな雰囲気の中、雅楽独特の琴や拍子に合わせ、もみじを手に優雅な舞いを披露し、見物客から拍手を浴びた。

◇稚児9人 関野心々奈、金澤遼海、勝俣友愛、谷口瑞葉、(第二小)、山本あかり、蛭田愛理、和田咲生(MOA保育園)、首藤琴美、木村夢羽(富士保育園)

◇豊栄の舞
国文学者・臼田甚五郎(1915-2006)作詞
「あけの雲わけ うらうらと 豊栄のぼる 朝日子を
神の御蔭(みかげ)と おろがめば その日その日の 尊しや

土にこぼれし 草の実の 芽生えて 伸びて 麗しく
春秋飾る 花見れば 神の恵みの 尊しや」

 

DSC_6210

taisai104ssDSC_6202ssDSC_6198ssDSC_5400ss2 (1)DSC_5461ss2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る