【経済】「にっぽんの温泉100選」、熱海は修善寺を抜き静岡県トップの19位 

旅行業者やネットエージェントが選ぶ2014年「第28回にっぽんの温泉100選」(観光経済新聞社主催)の投票が10月末で締め切られるが、中間集計結果が発表された。
トップは前年同様に草津(群馬)で、2位も前年2位の由布院(大分)。以下、下呂(岐阜)、別府八湯(大分)、登別(北海道)、有馬(兵庫)、指宿(鹿児島)、黒川(熊本)、道後(愛媛)、城崎(兵庫)がトップ10。昨年10位の箱根湯本は11位。
静岡県からは8温泉地が入り、前年22位だった熱海が19位に躍進し、修善寺(29位)と入れ替わってトップに立った。以下、観音(55位)、浜名湖かんざんじ(57位)、伊東(63位)、稲取(62位)、堂ヶ島(76位)、下田(94位)の順。市が取り組む「ADさんいらっしゃい!」等の熱海の魅力発信の成果が数字となって表れた。
投票は7月から始まり、10月末で締め切られ、最終順位は12月初旬に開かれる100選実行委員会の審査で決まる。

◇にっぽんの温泉100選 観光経済新聞社が主催し、観光庁と観光関連8団体(日本旅館協会、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、日本旅行業協会、全国旅行業協会、日本観光振興協会、日本政府観光局、日本温泉協会、公益財団法人日本交通公社)が後援。大手、中堅旅行業者やネットエージェントなどからの投票で選ぶ。

◇詳しい順位中間

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減 コロナの影響で過去最低の200万人割れ

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る