【花】木枯らし1号にも負けず、コブクザクラが開花

近畿に続いて東京でも木枯らし1号が吹いた28日、姫の沢公園(標高450~740メートル)で春と秋の年2回花を咲かせるコブクザクラが開花した。八重咲きの白い花弁をしていて1つの花に1~3個の果実を付けることから「子福桜」と名付けられたという。
このところの朝晩の冷え込みで、ケヤキやカエデの紅葉が始まる中、この花の周辺は春のような雰囲気に包まれている。公園内ではツワブキが見頃を迎え、黄色い花が市民や観光客を楽しませている。

DSC_6906ss (2)コブクザクラの木

DSC_6872ss (1)紅葉が進む姫の沢公園

DSC_6910ss (1)ツワブキ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-11-17

    ゴーン、 今年は韓国庭園のドラの音で幕開け/熱海梅園もみじまつり

    熱海梅園で11月17日、「熱海梅園もみじまつり」(熱海市観光協会主催)が開幕した。今…
  2. 2018-11-17

    福祉への理解や絆呼び掛け、26団体が一堂に/熱海・福祉まつり

    熱海市内の福祉団体や施設、協力団体が一堂に会して絆を深める第36回「福祉まつり」(実行委…
  3. 2018-11-16

    ライトアップ完了、夜空に紅葉しっとりと浮かぶ/熱海梅園もみじまつり

    「熱海梅園もみじまつり」開幕前日の11月16日夜、熱海梅園でライトアップが一足先に始まり、紅葉し始め…
  4. 2018-11-16

    11月17日に「熱海自然郷コンサート」 別荘住人と日本酒で交流!

    熱海市の別荘地「熱海自然の郷」の集会所で11月17日(土)、別荘所有者や住人らが第1回「熱海自然の郷…
ページ上部へ戻る