【まちづくり】JR熱海駅の駅舎・駅ビルの起工式、熱海のシンボルを期待

JR熱海駅の駅舎・駅ビルの起工式が29日、熱海駅業務棟建設予定地であった。JR東日本、湘南ステーション、市、工事関係者など47人が出席。雨宮盛克来宮神社宮司によるくわ入れなどの神事を行い、工事の安全を祈願した。斉藤栄市長は「熱海駅が熱海のシンボルとなり、民間の投資につながることを期待している」。JR東日本横浜支社・平野邦彦支社長は「熱海駅と街が一体となるよう街づくりの発展に寄与したい」と期待を込めた。
熱海駅の駅舎は昭和25年に建設されてから60年がたち、老朽化が進んで耐震性にも問題があることから建て替えらる。駅舎は平成27年秋、駅ビルは同28年秋の完成を予定している。駅ビル横に70台収容の駐車場も整備する。

◇新駅 延べ床面積が約7600平方メートルの鉄骨造りの4階建て。観光案内所や店舗などが入る駅ビル(湘南ステーション、栗田勝社長)を併設。外観は海のさざ波をイメージした青と白。大きな窓に温泉宿の障子を思わせる窓枠が取り付けられる。総工費44億9496万円。

 

外観パース

DSC04856

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  2. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  3. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  4. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
ページ上部へ戻る