【観光】熱海駅前に足湯「2代目家康の湯」が完成、「湯鏡」で湯けむり

熱海駅前広場に建設中だった2代目の足湯「家康の湯」が完成し30日、「足湯」と「湯鏡」の試験湯張りを行った。新しい足湯は面積が約2倍、利用可能人数が10人から25人に拡張された。湯船から溢れた湯をグレーの御影石の上に薄い池のように張る「湯鏡」を使い、ゆらゆらと湯けむりがたち上がる。また敷き詰められた御影石のエリアに入って5つの景石や湯の鏡に映る緑あふれる桃山の風景を楽しむこともできる。
供用開始の時期は未定。11月から駅舎工事が始まることから調整中という。

◇利用法 午前9時から午後4時。年中無休で無料。約70度の源泉を加水して40度にし、毎分40リットル注ぐ。

DSC_7004ss

DSC_7038ss (1)DSC_7116ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-5

    熱海市で新たに2人の高齢者がコロナ感染 ともに県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は12月5日、熱海市で新たに2人の高齢者の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。性別、…
  2. 2020-12-5

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部24位 3区でヘリヤー理紗さん区間3位  

    第21回静岡県市町対抗駅伝競走大会は12月5日、県内全35市町の37チームが参加して静岡市内の12…
  3. 2020-12-5

    熱海の老舗寿司「 三代目 和可奈」、二段重高級おせちの予約開始 巣ごもり反映

    年越しまで1カ月を切り、熱海市渚町の老舗寿司店「熱海三代目和可奈◯」でおせ…
  4. 2020-12-4

    元サッカー日本代表・中田英寿氏、熱海でトークショー 「工藝と食」熱弁

    熱海市のMOA美術館は12月4日、サッカー元日本代表MF・中田英寿氏、人気パティシエ・鎧塚…
ページ上部へ戻る