【市政】熱海の防災はまかせて! 子供たちが「放水」「はしご車」で消防体験

熱海市消防本部は2日、熱海港芝生広場で「消防ひろば」を開催した。子供たちにも消防の仕事を知ってもらおうと、消防車両の試乗や放水、レスキュー体験などを開催した。長さ15メートルあるはしご車の試乗は大人気で長い列ができた。また消防車両に乗せてもらって港内を巡回したり、自衛隊第一戦車大隊の防災戦車の前で記念撮影したりして家族で楽しんだ。

市防火協会幼年消防クラブ(富士保育園)も出動し、拍子木を打ち鳴らしながら「火の用心の歌」を元気いっぱいに歌った。秋季火災予防運動の一環として開催されたもので、幼年消防防災ポスター展で佳作に選ばれた小林七海ちゃんに熱海市消防協会・内田進会長から表彰状が贈られた。

DSCN5417

DSCN5447DSCN5423DSCN5450

DSCN5454DSCN5428

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る