【文化】釜鶴ひもの店の若旦那が「ひもの教室」

創業150余年、熱海の老舗干物店「釜鶴」5代目の二見一輝瑠(ひかる)さんが2日、熱海港で開催された「さおさかなフェスティバル」で体験型干物教室を開いた。
網代湾で朝水揚げされたムロアジと本カマスを使い、参加した9人の親子に干物作りのノウハウを伝授。子供たちには直接手をとって二枚おろしなどを指導し、塩漬けまでを手伝った。その工程を多くの市民や観光客が興味深く見守った。干物は3時間ほど天日干しして完成し、参加者たちは満足そうに持ち帰った。

11月4日は釜鶴の先祖で郷土の義人として知られる釜鳴屋平七の命日。今年は供養祭(熱海市)は行わず、11月4日まで「釜鳴屋平七150年祭」として干物が当たるくじ引きキャンペーンを実施している。

DSC_7596ss3

DSC_7593ss3DSC_7603ss3DSC_7552ss3 (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  2. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
  3. 2020-5-27

    コロナ時代の「新しい生活様式」、カウンター席に「仕切り」 あたみ田中家

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全面解除され、首都圏からの観光客が約8…
  4. 2020-5-27

    熱海市 6月1日から文化、公園、観光施設を再開 起雲閣、海釣り施設など

    熱海市は5月27日、新型コロナウイルス対策で臨時休館していた文化施設と公園施設、観光施設の一部を6…
ページ上部へ戻る