【県政】藤曲敬宏市議、「自民党公認」で県議選出馬を正式表明

熱海市議の藤曲敬宏氏(47)=自民党・爽心会=は7日、市役所で記者会見し、来春の県議選熱海市選挙区(定数1)に自民党公認で出馬することを表明した。後援会の竹内敏郎会長(熱海国際交流協会会長 )、自民党熱海支部の内田進支部長(熱海商議所会頭)、外山宣忠事務局長、自民党熱海創生会の稲村千尋、蛭川麻季子市議、自民党・爽心会の川口健、杉山利勝市議が同席した。
藤曲氏は「政府や県議会を担う自民党との関係を深め、熱海のために減り続けている港湾整備などの予算を復活させたい」などと述べた。
県議選には3選を目指す現職の橋本一実氏(50)=民主党系ふじのくに県議団所属=も出馬の準備を整えており、選挙戦突入が確実となった。熱海選挙区の県議選は1991年から無投票が続いており、24年ぶりの選挙となる。

◇藤曲敬宏(ふじまがり・たかひろ) 昭和41年12月、静岡県小山町生まれ。専修大卒。元衆議院議員秘書。市議2期。喫茶店「プランタン」経営。
◇自民党熱海支部内田進支部長 「耐震対策などで国や県との連携強化は急務。全力で応援したい」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    65歳以上の「お達者度」、県内の男性伸び率トップは熱海市 静岡県が公表  

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
  2. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
  3. 2020-9-18

    菅内閣、国土交通副大臣に岩井茂樹氏 内閣府副大臣と復興副大臣を兼務

    政府は9月18日の閣議で、菅内閣発足に伴う副大臣と政務官の人事を決めた。副大臣人事では、国土交通副…
  4. 2020-9-18

    熱海市民向け宿泊プラン 神奈川・静岡県民も対象に 宿泊5千円補助

    川口健市議 熱海市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策として独自に実施していた…
ページ上部へ戻る