【消防】ホテル火災の総合防災訓練 熱海市旅組

熱海市ホテル旅館協同組合連合会(目黒俊男理事長)と熱海市消防本部・熱海消防署は11日、熱海後楽園ホテルで大規模火災を想定した総合防災訓練を行った。
9日から始まった秋の火災予防運動にあわせて実施したもので、およそ100人が参加して行われ、AEDの取り扱い方や消火器を使った訓練などを行った。6階の客室から火がでたという想定のもとでホテルスタッフが宿泊客を避難誘導し、熱海市消防と連携して初期消火、避難客受け入れなどの訓練を実施した。

同組合は保安隊を結成し、本部と炊き出しのテントを設置。加盟施設の「おかみの会」に女将さんたちが炊き出しを行って150人分の非常食を作ったり、避難名簿を作成して受け入れ先のホテル・旅館を伝えたりして訓練をけん引した。

消火器

旅組テント

AED消防本部

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-27

    【お悔やみ】津田博之さん(熱海市中央町)2月25日死去 友楽町町内会長

    津田博之さん(つだ・ひろゆき)2月25日死去、80歳。熱海市中央町3の10。バー「メキシコ」。有楽…
  2. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  3. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  4. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
ページ上部へ戻る