【経済】山田屋水産で「初級!すり身使い方」講座 

お店の人が教えてくれる街のゼミナール「商店街のふれあい教室」(熱海商工会議所主催)の第5講座「初級!すり身使い方教室」が12日、熱海市咲見町の山田屋水産咲見町売店であった。工場長の石川清治さんが講師を務め、応募した5人の市民や居合せた買い物客に魚のすり身を使った「ごちゃまぜ★さつま揚げ」の作り方を伝授した。
最初はグチとたらのすり身300グラム(2~4人前)に砂糖(5グラム)、酒(大さじ1)、味の素(1グラム)、塩(同)、マヨネーズ(大さじ1)を入れて手で混ぜ合わせ、一口大に(20グラム)に形成して170度の油で素揚げして完成。続いて同じ分量のすり身にニンジン、玉ねぎ、ごぼうを入れて揚げ、2倍の分量に増えた「ごちゃまぜ★さつま揚げ」をそれぞれ味わった。

参加者たちは「濃い色に仕上げたい時は水あめを使う。その場合、水あめを酒で溶いでおく」「山芋は揚げるより蒸した方が調理しやすい」「家庭で作る場合はフライパンで十分」「合わない食材は梅干し(酸系)、青パパイヤ(酵素系)、生シイタケ」などと石川さんから教わったことをメモした。
さつま揚げは冷蔵庫に残っている野菜、お刺身、イカ、エビ、肉など何でも使えるのがメリット。それぞれの家庭の「ごちゃまぜ★さつま揚げ」が簡単にできるという。またすり身は焼いてもいいし、おでんにとどまらずそのまま鍋に入れても美味しくいただける。基礎さえ身につければ、いかようにも応用できるという。

写真6DSCN5567

 

写真10DSCN5586

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減か コロナの影響で過去最低の200万人割れ必至

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る