【編集室】ヒマラヤザクラに誘われメジロ飛来

熱海市上多賀の長浜海浜公園で、ヒマラヤザクラの花の蜜を吸いにメジロが飛来し、季節外れの春の風景が話題になっている。同公園のヒマラヤザクラは5年前に静岡県が植栽したもので、開花するのは今年が初めて。25本のうち、7本が開花し、メジロたちはその桜の蜜を味わっている。恐らく、どこぞで「多賀でサクラが咲いている」の噂を聞きつけたのだろうが、多賀観光協会では「この時期に同公園にメジロが飛来するのは記憶にない」という。南熱海は桜が咲き、メジローが「チー、チー」。冬を通り越して春の雰囲気を漂わせている。

◇ヒマラヤザクラ 熱海市のヒマラヤザクラは、東京大学に留学していたネパールのビレンドラ元国王(当時皇太子)が昭和42年8月に伊東市を訪問された際、熱海植物友の会が熱海の桜と梅の種子を献上。その返礼として翌年にネパールから「ヒマラヤザクラ」の種子が贈られた。一般的には1月から2月の冬に花を咲かせるが、温暖な熱海では11月から12月に咲く。

◇市内の植栽場所 渚親水公園(2本)、多賀中学校体育館脇(2本)、さくらの名所散策路(15本)、長浜海浜公園(29本)

DSC_8329ss (1)

DSC_8333ss

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
  2. 2020-11-30

    熱海芸妓に公式マスコットキャラクター誕生! 愛称募集!

    熱海芸妓(げいぎ)の公式キャラクターデザインが誕生した。若い人たちや女性にも芸妓文化に親しみを持っ…
  3. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  4. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
ページ上部へ戻る