【市政】今度は共同住宅の固定資産税を過大徴収

熱海市が共同住宅などで固定資産税と都市計画税を過大徴収し、これに伴い、国民健康保険税の還付金があったことが21日、明らかになった。対象者は70人、過大徴収額は2814万1779円、還付金は82万9348円と市が発表した。
職員の対象家屋への利用活用状況の把握が不十分だったのが原因という。市は今年7月、介護施設など8団体・個人の固定資産税と都市計画税を過大徴収していたことを公表したが、共同住宅などについても調査し過大徴収していることが分かった。平成17年度から26年度までの10年間について返還する。
市は、対象者への連絡や文書による謝罪と説明をし、支払い事務を行うとしている。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  2. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  3. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
  4. 2020-2-20

    熱海市、今秋にカスカイス訪問団 姉妹都市提携30周年で派遣

    熱海市は今秋、海外姉妹都市交流事業としてカスカイス市(ポルトガル)に公式訪問団を派遣する。提携30…
ページ上部へ戻る