【市政】今度は共同住宅の固定資産税を過大徴収

熱海市が共同住宅などで固定資産税と都市計画税を過大徴収し、これに伴い、国民健康保険税の還付金があったことが21日、明らかになった。対象者は70人、過大徴収額は2814万1779円、還付金は82万9348円と市が発表した。
職員の対象家屋への利用活用状況の把握が不十分だったのが原因という。市は今年7月、介護施設など8団体・個人の固定資産税と都市計画税を過大徴収していたことを公表したが、共同住宅などについても調査し過大徴収していることが分かった。平成17年度から26年度までの10年間について返還する。
市は、対象者への連絡や文書による謝罪と説明をし、支払い事務を行うとしている。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-4-9

    熱海の良質な上水道に感謝、安定供給願う 明水神社例大祭 熱海管工事工業協同組合

    熱海管工事工業協同組合は4月9日、市内西山町の「明水神社」で春季例大祭を斎行した。来宮神社…
  2. 2020-4-9

    熱海芸妓、熱海市にマスク寄贈 子どもたちに手作り200枚 コロナ感染予防

    子どもたちの新型コロナウイルスへの感染予防に役立ててほしいと、熱海芸妓置屋連合組合は4月8…
  3. 2020-4-9

    新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

    新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は…
  4. 2020-4-9

    5月18日の熱海海上花火大会も中止 今季開幕から3大会連続

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市ホテル旅館協同組合連合会は4月8日、5月9日(日)に実施…
ページ上部へ戻る