【社寺】稲穂を手に「豊栄の舞」を奉納 来宮神社で新嘗祭

来宮神社(雨宮盛克宮司)は23日、新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)を斎行した。神社総代や祭典委員、本年度および次年度の御鳳輦(ごほうれん)奉仕者ら約60人が参列した。雨宮宮司が祝詞を奏上し、みこが稲穂を手に国家安泰を祈念して「豊栄の舞」(とよさかのまい)を奉納し、自然の恵みに感謝した。勤労感謝の日の前身となる同祭は、毎年11月23日に天皇が新穀を神に供え、自らも食して収穫を感謝する儀式で、来宮神社でも執り行われている。

境内では熱海MOA自然農法の会が農産物を販売し、熱海わなの会はイノシシ鍋500人分を参拝者に振る舞った。3連休の中日と重なり、農産物は完売、イノシシ鍋も追加して振る舞うなど例年以上の賑わいだった。

DSCN5861

DSCN5849DSCN5869DSCN5821

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  2. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  3. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  4. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
ページ上部へ戻る