【防災】大地震を想定して実践訓練、田原本町防災会

12月7日の「地域防災の日」を前に3日、田原本町防災会(椎野文夫防災部長)が自主防災訓練を行った。下田孝治町内会長、森田金清前熱海市観光協会会長、杉山利勝市議会副議長も参加して熱海駅前郵便局裏の公開空地で実践訓練にトライした。参加者は2班に分かれ、消防署員から消火器やAED(自動体外式除細動器)の使い方を学んだ。
炊き出し訓練では女性部「さくら会」が非常食の調理方法を学び、シチューをつくって提供した。
熱海市では7日(日曜)に突発型の地震を想定した熱海市地域防災訓練を行い、市内の50自主防災会から1974人が参加を予定している。熱海駅前の平和通り、仲見世通り商店街を抱える田原本町は師走の日曜は大混雑するため、予定を早めて行った。

杉山

パンやおばさん救助隊焚き出しおばさん消火器全員DSC_1260ss2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  2. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
  3. 2020-12-1

    日本で唯一無二 紅白梅、あたみ桜と共演 熱海梅園もじまつり最終章

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で12月1日、380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレ…
  4. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
ページ上部へ戻る