【ゴルフ】宮本が3度目V、ゴルフ日本シリーズ 

男子ゴルフの今季最終戦、日本シリーズJTカップが7日、東京よみうりCC(パー70)で最終ラウンドが行われ、6位から出た宮本勝昌(42)=ハートンホテル=が6バーディー、1ボギーでこの日ベストの65をマークし、通算9アンダーで逆転優勝した。9月のANAオープン以来の今季2勝目、ツアー通算10勝目。日本シリーズの優勝は1998、2001年大会に続く3度目の制覇で、優勝賞金4000万円を獲得した。

賞金王争いは、小田孔明が通算6アンダーで3位に入り、自身初の賞金王に輝いた。優勝すれば逆転賞金王の可能性があった近藤共弘は2オーバーの17位、岩田寛は7オーバーの25位、藤田寛之は11オーバーの28位。1打差の2位はプラヤド・マークセン(タイ)。石川遼は1アンダーの15位だった。

◇賞金ランキング 今大会の優勝賞金4000万円を加算し、宮本の年間獲得賞金は9104万8150円となり、5位でシーズン終了。
◇日本シリーズJTカップ 国内4メジャー大会の1つで優勝者には3年間のツアーシードが与えられる。唯一の会場固定大会(東京よみうりカントリークラブ)。

◇ 宮本勝昌選手の話 もう、嬉しいという言葉しか出てこないです。4年ぶりに東京よみうりカントリークラブに帰ってきたんですが、18番のティーショットを打つときに、たくさんのギャラリーの方の姿が見えたのが印象的でした。家族がいる前で優勝できたのも初めてだったので、非常に嬉しかったですね。“17番でしっかりバーディを取って、18番をパーで上がる”というゴルフプランだけを考えてやっていたので、その通りになってよかったです。18番ではとりあえずティーショットをグリーンに乗せなきゃというのと、乗ったら乗ったで何とか2パットで終えたいという、自分のプレーのことしか考えていませんでしたね。
正直なところ、4年ぶりにここでプレーできるということがすごく嬉しくて、それだけで満足していた自分もいたんですが、さらに優勝というご褒美までいただいて、本当に夢のようです。1年の最後の最後に、こうやって芹沢プロをはじめ応援してくださった皆さんの前で優勝できたのも嬉しかったですし、本当に素晴らしい2014年になりました。これで僕も3回目の優勝になるんですが、藤田プロが3連覇で同じく3回優勝をしているので、藤田プロとまた一緒に4回目を目指して来年以降も頑張りたいです。
寒い中、最後まで残っていただいたギャラリーの皆さん、ありがとうございました。たくさんの声援をいただいて優勝することができました。そして2014年、1年間男子ツアーを応援していただきありがとうございました。(写真とコメント=日本ゴルフツアー機構)

IMAG1900

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
  2. 2021-9-20

    3連休で熱海サンビーチに多くの人 緊急事態宣言の長期化で息抜き

    秋の3連休の中日となった9月19日、熱海の人出は、前週日曜の12日から増えた。緊急事態宣言の長期化…
  3. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  4. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
ページ上部へ戻る