【議会】一般会計補正予算もあわや否決、可否同数で議長裁決

18日の最終本会議で一般会計予算補正案(議案60号)の採決があり、佐藤元昭議員(自民・爽心会)と米山秀夫(公明)が反対の立場から討論を行った。佐藤氏は「第3庁舎の建設で補正5000万円、駅前広場の工事開始でも9億円だった予算を11億円に2億円増やしてもまだ完成していない。自分のお金なら予算内で済ませようとするはず。市民の血税を自分のお金のように当たり前のように補正に使う当局案に憤りを感じる」。

米山氏は「市税過誤納金の穴埋めに市税3235万円を投入するのは、納得できない。2度にわたる同様の補正予算を提出することに対する行政トップとしての責任者の自覚の希薄さも理解ができない」。賛成の討論はなかった。
採決では、杉山利勝副議長が棄権退席し、賛成7人、反対7人の同数になったため、高橋幸雄議長が「賛成」し、異例の議長裁決で可決した。

◇採決(議長=高橋幸雄)
賛成議員(7)=小森高正、鎌田武俊、山田治雄、金森和道、稲村千尋、蛭川麻季子、越村修
反対議員(7)=米山秀夫、金子芳正、佐藤元昭、川口 健、藤曲敬宏、梅原一美、村山憲三
退席議員(1)=杉山利勝(副議長)
議長裁決(賛成)=高橋幸雄

DSCN6141◇佐藤元昭議員の反対討論 「市民の血税を自分のお金のように補正に使う当局案に憤りを感じる」

DSCN6142◇米山秀夫議員の反対討論 「2度にわたる同様の補正予算を提出することに対する行政トップとしての自覚の希薄さが理解できない」

DSCN6145

採決(賛成7、反対7)

DSCN6158退席した杉山勝利勝副議長

議長決定高橋幸雄議長の裁決(賛成)で可決

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
  2. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  3. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  4. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
ページ上部へ戻る