【まちづくり】餅つき大会で一足早いお正月 

熱海市東部地区青少年健全育成会(杉山利勝会長)は19日、熱海駅前郵便局裏の公開空地で小学生と地元住民らが一緒に餅つきを楽しむ催しを開いた。
もち米約3・0キロを臼ときねを使ってつき、参加者たちはつきたての餅をきな粉やあんこ、のり巻きなどで味付け味わい、100近い人たちが一足早い正月気分を満喫した。
熱海駅前の平和通り、仲見世通りの商店街は年末年始は大忙し。当初は田原本町の子どもたちへの冬休み前のサービスだったが、年々、規模が大きくなり現在は4町内が合同で実施している。

DSC_3125ss DSC_3121ss DSC_3118ss DSC_3144ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-7-22

    ミス熱海「梅娘」増田玲未さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017」があり、ミス熱海「…
  2. 2018-7-22

    網代が最も熱くなる夜「ベイフェス」で幕 弓張り提灯、宮町から旭町へ

    熱海市網代の阿治古神社例大祭のフィナーレを飾る「網代ベイフェスティバル2018」(…
  3. 2018-7-21

    熱海サンビーチ「ウォーターパーク」営業開始 連日の猛暑、子供たちの歓声響く

    熱海市観光協会は7月21日、大型海上アスレチック「ウォーターパーク」の営業を開始した。今夏の…
  4. 2018-7-21

    アロハフェス開幕、熱海がハワイに!初日は27ハラウ、295人がフラの共演

    「アタミ・アロハフェスティバル2018」が7月21日、熱海市の渚親水公園イベント広場で始まっ…
ページ上部へ戻る