【編集室】女優・佳那晃子の「夫婦の絆」 理想郷熱海は幻影だったのか 

昨夕放送されたNHKテレビ「夫婦の絆 甲斐性なしと静かなる女優」を見ていて、胸がせつなくなった。
テレビ「太陽にほえろ!」や映画「魔界転生」などで活躍した女優・佳那晃子さんと、作家・源高志さんの夫婦の絆を描いたドキュメント番組である。

バブル真っ盛りの1988年、33歳だった佳那さんは人気放送作家と結婚、幸福の絶頂にあった。しかし、なんとやらの崩壊で夫が立ち上げた会社が事業に失敗。3億円もの負債を背負った。
借金地獄に陥った佳那さんは「少しでも早く立ち直ってほしい」との思いから、嫌な仕事も全て受け、壮絶な試練と向き合いながら夫を支えた。

10年かけて返済を終えた夫婦は、殺伐とした都会の生活に辟易し、「海の近くで過ごしたい」と熱海へ移り住む。
しかし、心穏やかな生活は長く続かない。佳那さんが腎臓の病気ネフローゼ症候群に襲われる。闘病生活3年目、くも膜下出血で倒れた。昨年1月のことだった。
意識を失った妻を少しでも良い環境で治療させようと、熱川温泉病院に入院させ、夫の介護生活は1年たった今も続いている。

夫は熱海市郊外の古びたアパートに越し、細々と執筆活動。その収入の全てを妻の医療費につぎ込み、明日をも知れぬ暮らしを続けている。苦労をかけた妻に報いるためだ。
ここまではいい話だなあ、と見ていたのだが、ここからがいけない。
夫が脅えているのが、水道の給水停止。よほど強く督促されているのだろう。毎日、介護を終えて家に戻ると、蛇口をひねり、安堵の笑顔。バスタブに水を張って“有事”に備えてもいる。

公共料金を払わない方が悪い、といえばそれまでだが、それが出来ない人もいる。財政再建を急ぐあまり、非情にもライフラインを絶たれ、お店を閉めざるを得なかった飲食店やホテル、熱海を離れて行った市民を何人もみてきた。

昨年、熱海市の人口は429人減少したが、原因は少子高齢化だけではないような気がする。
熱海を「理想郷」と信じて頑張ってきた人たちの希望を奪ってほしくない。

 

(編集主幹・松本洋二)

 

 

 

病床

 

 

太陽にほえろ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
  2. 2017-8-21

    【観光】頼朝公の武運にあやかれ! 伊豆山温泉で「さざえ祭り」開幕 

    伊豆山温泉の夏の風物詩「さざえ祭り&花火大会」が8月21日始まり、最後の…
  3. 2017-8-21

    【観光】残り少ない夏休み満喫、3万5千人が夜空見上げる 人、ヒト、ひと

    夏季熱海海上花火大会の第6弾が8月20日、熱海湾であり、3万5千人の人出でにぎわった。熱海サンビ…
  4. 2017-8-20

    【編集室】来春から「DCキャンペーン」スタート、ガイドの養成も着々

    熱海市は8月19日、まち歩きガイド養成講座(全8回)の実地研修を行った。「熱…
ページ上部へ戻る