【社会】静岡県が食中毒警報を発表 熱海市内の旅館でも12人が食中毒

静岡県は1日、食中毒警報(ノロウイルス食中毒第1号)を発表した。8月中旬から下旬にかけてノロウイルス食中毒が3件連続して発生し、患者が合計172人にのぼったことを受けての措置。このうち、熱海市中央町の旅館では8月22日から23日に宿泊した59人のうち12人が下痢やおう吐などの食中毒症状を訴えた。県ではノロウイルスによる食中毒とみてその旅館の飲食部門を当分の間、営業禁止とした。県内では過去5年間、8月にはノロウイルス食中毒は発生していなかった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-4-9

    熱海の良質な上水道に感謝、安定供給願う 明水神社例大祭 熱海管工事工業協同組合

    熱海管工事工業協同組合は4月9日、市内西山町の「明水神社」で春季例大祭を斎行した。来宮神社…
  2. 2020-4-9

    熱海芸妓、熱海市にマスク寄贈 子どもたちに手作り200枚 コロナ感染予防

    子どもたちの新型コロナウイルスへの感染予防に役立ててほしいと、熱海芸妓置屋連合組合は4月8…
  3. 2020-4-9

    新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

    新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は…
  4. 2020-4-9

    5月18日の熱海海上花火大会も中止 今季開幕から3大会連続

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市ホテル旅館協同組合連合会は4月8日、5月9日(日)に実施…
ページ上部へ戻る