インターハイ出場熱海高ヨット部4選手、市長訪問 男子420級東海代表

高校スポーツの夏の祭典、全国高校総体(インターハイ)に出場する県立熱海高校ヨット部の高田陽介(熱海中)、田畑詠一朗(伊東対馬中)、若林柊吾(伊東門野中)、江黒大地(伊東対馬中)の4選手(全員3年)は7月30日、熱海市役所に齋藤栄市長を訪ね、「8強を目標にベストを尽くします」と全国大会での活躍を誓った。石田金也校長、ヨット部顧問の永野貴嗣教諭が引率した。
選手たちはインターハイ出場を手にした東海大会の男子420級3位の賞状を市長に披露。市長から「全国大会でもベストを尽くし、良い思い出となるよう頑張ってください」と激励を受けた。
今年のインターハイ「南部九州総体2019」のセーリング競技は、8月12日から4日間、和歌山セーリングセンター(和歌山市)で開かれる。
(熱海ネット新聞)


■高校総体東海大会ヨット470級
①三重県立津工業高校
②愛知県立碧南工業高校
③静岡県立熱海高校(セール56405)
⑧静岡県立熱海高校

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

ページ上部へ戻る