【観光】熱海梅園の開花状況(12月30日)、472本中178本の梅が開花

熱海市都市整備課によれば、本年度の熱海梅園の梅の開花状況は「稀に見る早咲き」という。30日現在の早咲き梅の開花度数を前年度と比較すると、1分咲きに達したのは21日早い。現在、59品種中11種、472本中178本が開花。見ごろの梅も日々増えている。正面入り口左手、天皇陛下の誕生日に献上した「献上梅」も見ごろを迎えるなど、正月には十分楽しめる。
年始に合わせ、メンテナンスを続けていた園内の橋の修繕を終え、受け入れ態勢も完了した。
◇開花状況
全体の開花=472本中178本
・早咲き(見ごろ3本、5分咲き18本、3分咲き18本、2分咲き25本、開花103本)=1.08分咲
・中手(開花11本)=0.06部咲
・遅咲き(開花0本)=0.00部咲

1142

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る