フランス人がシャッターアート 熱海・銀座町の「EOMO store」

熱海を拠点にEATABLE(エタブル)の革製品とEatable of Many Orders(エタブルオブメニーオーダーズ)の洋服を販売する熱海市銀座町の「EOMO store」で3月12日、スプレーで描いたシャッターアートが完成した。
描いたのはパリでシャッターアートを手がけるダミアン・プーレインさん(43)。これまでパリ、東京をはじめ、フランス、オランダ、スペイン、チュニジア、イラン、韓国などの店舗で「フェイス(顔)」をテーマに制作している。「もう一度日本で描きたい」とSNS発信したところ、知人の安藤僚子さんが多摩美大時代に同級生だった同店オーナーの新居幸治さん(43)に相談、実現した。
新居さんは多摩美大で建築を学んだ後、アントワープ王立美術アカデミー(ベルギー)でアートデザインを学び、10年ほど前から熱海に移住。バルセロナで革工芸の経験を積んだ夫人の洋子さんと同ブランドを立ち上げ、2016年に熱海銀座を本拠地にした。

同店は浜町観光通りのウインドウ越しにハンドメイドの革製品製作や、洋服のデザインを行うアトリエが見える作りになっている。しかし、定休日の日曜や夜間はシャッターで覆われているため、周辺の景観も考え、シャッターアートで彩ることにした。
同店は3月12日から17日まで東京・渋谷区で「2019秋冬の展示会」を開催。20日から24日は熱海市の同店で開催するのに合わせ、首都圏からの若い旅行者で賑わう熱海銀座にマッチした景観づくりに気鋭のオーナーが趣向を凝らした。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■場所:EOMO store(熱海市銀座町6-6 佐藤油店1F ) 0557-35-9294  info@eatableofmanyorders.com



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-3-24

    伊豆多賀の春の風物詩、朝採り生ワカメ販売 今年は1カ月遅れで開催/わかめまつり

    熱海に春の訪れを告げる「わかめまつり」(実行委員会主催)が3月23日、長浜海浜公園・うみみえ…
  2. 2019-3-23

    テーマはグリーン、あす「海辺のあたみマルシェ」/熱海銀座通り商店街

    今年最初の「海辺のあたみマルシェ」(実行委員会主催)が3月24日、熱海銀座通り商店街を歩行者天国にし…
  3. 2019-3-23

    共産党の新人は小坂幸枝氏、東海岸町の女性は出馬せず/熱海市議選

    健康上の理由で今期で引退する共産党・井沢共一市議(67)に代わって、元小学校教諭の小坂幸枝氏(72)…
  4. 2019-3-22

    芸妓見番前の「枝垂れ桜」も満開 芸妓衆往き交う熱海の名所

    初川を挟んで熱海芸妓見番歌舞練場の対岸に植えられた2本の枝垂れ桜が3月22日、満開を迎え、観光客の目…
ページ上部へ戻る